院長美容コラム

くちびるのヒアルロン酸注入 赤唇編

院長の野村です。

医学用語で鼻の下を白唇、口紅を塗る、いわゆる“くちびる”を赤唇といいます。

赤唇の幅は、小鼻の幅の1.5倍くらいがよいとされています。ですが、この幅を変えるのはなかなか大変です。

一方、赤唇の厚みはヒアルロン酸の注入で比較的簡単に増すことができます。

魅力的な赤唇の形には流行があります。一般的な話として、厚い唇はセクシーでグラマラスな印象、薄い唇は、落ち着いた印象ですが、人によっては冷たい印象があるかもしれません。

***魅力的とされる赤唇は***

・上唇が7~8mm、下唇が9~10mm

・上唇が前側にそり返り

・口角が上がっている

・縦じわが目立たず、しっとりプルンとしている

・横からみて、少しだけ上唇が、下唇より前にでている。

などなど。ひところ“アヒル口”なる単語もありました。

くちびるのヒアルロン酸注入 赤唇編
若い頃は、魅力的だった唇も加齢変化で薄くなり、そり返りがなくなってフラットになり、しわが目立ってきます。

ヒアルロン酸注入では、厚みを増すときには、ドライリップとウエットリップの間をメインに、そり返りをつくるときにはドライリップメインに注入します。口角近くは遊離縁に多めにいれると、口角が上がって見えます。

  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ