院長美容コラム

骨の量が減る事による見た目の変化

院長の野村です。

加齢とともに脂肪や筋肉ばかりでなく、
骨も減少・変形します。

骨の加齢現象は、30代には始まると考えられています。
以前にも紹介した顔の加齢変化です。

(外部サイト)

https://skyn.com.au/the-facial-ageing-process/ 

顔面骨は顔の土台ですから、
その減少や変形は、見た目に大きな影響を及ぼします。

・額や頬の丸みがなくなる

・こめかみが凹む

・下顎が小さく、短くなり、下唇から顎先の間に凹みができる

・顔の土台である骨が小さくなることによる、全体のたるみ

・その他、眼窩周囲の凹みや鼻の広がり
など

このような変化に対しては、
ボリュームアップを目的としたヒアルロン酸注入を行います。

注入部位や注入の深さを工夫することにより、
リフトアップ効果も得られます。

トータルアセスメントを行うにしても、
まずは、一番気になる部位の治療からはじめることをおすすめしています。

  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ