院長美容コラム

シミとりレーザー後の色素沈着

院長の野村です。

加齢に伴って発生するシミ(老人性色素斑)に対して、
Qルビーレーザー照射を行なうと、

・1週間程度で、表皮に貯まったシミが剥がれ落ちます・・が、

・この後に“炎症後色素沈着”が生じることがあります。

これは、老人性色素斑の再発ではなく、
レーザー照射自体によって、
皮膚に炎症が生じ、発生するシミです。

炎症後色素沈着は、避け難いことも多いのですが、
その程度や期間を短くするために、

1.必要に応じて、レーザー照射前に美白剤を使用しておく

2.適切な出力で照射する

3.照射後のカサブタを無理に剥がさない

4.炎症後色素沈着の予防・治療として、
抗酸化剤や美白剤、サンスクリーン剤を使用する

等が大切です。

当院では、多くの場合、
美白剤としてハイドロキノンを使用しています。
5gで1080円(税込)なので、
経済的な負担はそれ程でもないと思います。

  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ