院長美容コラム

強い陽射しを浴びてしまった時には

院長の野村です。

強い日光を浴びてしまった数ヶ月後に背中にできるしみを、“花弁状色素斑”といいます。

(花びらが散ったような形をしています)

鏡で見ることが少ないので、気付かないでいる方も多いと思います。

医療の立場からは…

=================================

まずは、日焼けしないことが重要

=================================

デコルテもしっかりサンスクリーン剤でカバーしてください。

=================================

日焼けしてしまったら…

=================================

弱いやけどに準じた治療を行います。

また、日焼けで増えた活性酸素を消去するために、ビタミン外用やグルタチオン注射も効果的です。

活性酸素は皮膚老化の元凶です。

=================================

アフターケアは…

=================================

メラニン産生過程をブロックするハイドロキノンの外用を行います。

=================================

それでも、シミが出来てしまったら

=================================

たまったメラニンを追い出すしかありません。レーザー治療などで、メラニンを追い出します。

陽射しが強い毎日です。

“うっかり日焼け”に注意してください。

  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ