院長美容コラム

黒子(ほくろ)をきれいに治療するには

院長の野村です。

頬の黒子を、深くまで治療され、“凹んだ傷痕が残ってしまって、かえって目立つ”と、来院される患者様がいます。

黒子を深くまで治療した傷が目立つ理由(図)
黒子(ほくろ)をきれいに治療するには

“黒子”と呼ばれるものには、いろいろなタイプがあり、一概にどの治療が良いとは言えません。

・悪性だとしたら、しっかりと切除することが大切です。
・そうでなければ、治療の目的は、美容的な意味合いが強くなります。

全切除した場合、“治療による傷跡の方が気になるだろう”と判断した場合は、

・何回かに分けて、治療をおこなう。
・全てを切除するのではなく、小さくする、
目立たなくする程度にとどめる。
特に、時間とともに、濃くなったり、
膨らんだりする黒子は、
時々治療をすることによって、それを防ぐことができる。

などの方法をとることがあります。

“頬のような凸面に、凹んだ傷痕は目立ちます。”

黒子を、目立つ傷痕におきかえるような治療は避けたいものです。

  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ