院長美容コラム

ヨーグルトを食べればイイの??腸内細菌・腸内環境のお話

院長の野村です。

ここ数年、アンチエイジングや肥満研究をはじめとした医学誌で、腸内細菌・腸内環境に関わる話題が数多く取り上げられています。

非自己(自分でないもの)が、腸管内(実は体外)に棲みつき、体質・美容・病気に深く関わっていることがわかってきたからです。

腸内細菌の数は1000兆個くらいで、大きく、善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分けられます。

健康な人は、これらが 2:1:7の割合で存在します。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴

善玉菌(^O^) 約2割
免疫アップ・感染予防、ビタミン合成

悪玉菌(-“-) 約1割
毒素や発がん物質の産生

日和見菌(-_-) 約7割
身体が弱った時に悪さをします

∴‥∵‥∴‥∵‥∴∴‥∵‥∴‥∵‥∴

年齢とともに、腸内細菌のバランスは悪くなるにしても、個々の腸内細菌のバランスは、小児期までに決定してしまうとも言わ
れています。つまり、これらが悪い人は、善玉菌を増やすような努力を生涯行わないと、すぐにもとの状態に戻ってしまうと…

・・・かといって、ヨーグルトばかり食べると遅発型ヨーグルトアレルギーになるので、気をつけてください。

医学生物学研究で最も注目されている、これらの話は、かなり奥が深く、おもしろいです。

  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ