院長美容コラム

美容施術時のいろいろな恐怖症や反射

院長の野村です。

美容とはいえ、施術・治療を受けるときに、
精神的・肉体的なストレスを伴う場合があります。

特に、注意すべきものとして、

1.閉所恐怖症

施術時に顔に布を掛けられただけでも、閉塞感から、恐怖を感じる。

2.先端(尖端)恐怖症

先端が尖った物(例えば注射針)が視界に入ったときに強い恐怖を感じる。

3.迷走神経反射

上記1,2も含め極度の精神的ストレスや

激しい痛みなどが誘因となり、心拍数や血圧低下をきたす。

等が挙げられます。

過去に、医療機関や歯科の治療で、思い当たるような症状が出た方は、

予めお知らせください。可能な限り対応させていただきます。

そうでない場合でも、患者様の心身のストレスを

できるだけ軽減するように心がけています。

  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ