院長美容コラム

歯ぎしり、食いしばりにボトックス注射

院長の野村です。

睡眠中は、咬む筋肉に力がはいらず、上下の歯は触れないで、口が開いている状態が正常です。

何らかの理由で、

・上下の歯を擦り合わせる(歯ぎしり)
・音は生じないが噛みしめる(くいしばり)

ことで、歯の摩耗、顎関節痛の他、外見上は、咬筋(えら)の肥大をきたすことがあります。

10年位前から、“ボトックス注射による、歯ぎしり・くいしばりの治療”についての論文が相次ぎ、概ね良好な結果が報告されています。

もちろん、咬筋肥大の改善(えらが小さくなる)も得られます。
歯科医のもとで、内服薬やマウスピース治療を行っても結果が不十分な場合、咀嚼筋(閉口筋)群へのボトックス注射は、検討すべき選択肢です。

  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ