院長美容コラム

きれいな下顎をつくる その2

院長の野村です。

前回、“きれいな下顎をつくる”方法をお話ししました。

追加で、ひとつ重要なことに、“顔の左右対称性”があります。

目と目の真ん中に点をとり、そこから直角に線をおろしたとき…

☆______________

鼻すじ-鼻先-人中の中央-
上唇の中央-下唇の中央-下顎先端
______________☆

これらが、一直線上にある人はほとんどいません。

きれいな下顎をつくる その2

が、自分の顔が少し曲がっていることに気づいている人は少ないようです。

下顎先端が正中からずれているのに、そこにヒアルロン酸を入れると、
(大きくなったことにより)曲りが目立つことがあります。

このような場合は、少し注入位置をかえることにより、
曲りが目立たなくなり、顔の左右対称性が得られることがあります。

ヒアルロン酸注入前に、顎先(顔の中心)をどの位置にするかを決めることがポイントです。

  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ