院長美容コラム

美容施術時のいろいろな恐怖症や反射

院長の野村です。

美容とはいえ、施術・治療を受けるときに、
精神的・肉体的なストレスを伴う場合があります。

特に、注意すべきものとして、

1.閉所恐怖症

施術時に顔に布を掛けられただけでも、閉塞感から、恐怖を感じる。

2.先端(尖端)恐怖症

先端が尖った物(例えば注射針)が視界に入ったときに強い恐怖を感じる。

3.迷走神経反射

上記1,2も含め極度の精神的ストレスや

激しい痛みなどが誘因となり、心拍数や血圧低下をきたす。

等が挙げられます。

過去に、医療機関や歯科の治療で、思い当たるような症状が出た方は、

予めお知らせください。可能な限り対応させていただきます。

そうでない場合でも、患者様の心身のストレスを

できるだけ軽減するように心がけています。

概日リズム・体内時計

院長の野村です。

ヒトの生理現象(ホルモン分泌や細胞の再生、脳波など)は、
”約24時間周期”で変動しています。

これを概日リズム・体内時計といいます。

例えば、心身を元気にするホルモンは、
行動が活発になる朝から多く分泌され、
睡眠時には分泌が減少します。

逆転すると、夜に神経が高ぶってしまいます。

例えば、朝になると血圧や心拍数が高くなり、
夜間には下がり、穏やかモードになります。

これらの乱れは、海外旅行に出かけた時の
“時差ボケ”として、
経験したことがあると思います。

体内時計を正常に働かせるために、日常生活でできそうなこと。

起床したら、数分、日光にあたる・・

1日がスタートしたことを細胞に知らせます。
スタートを知らせることで、
一定時間後に訪れる1日の終わり(睡眠)に
入ることができます。

遅い時間帯に食事をしない・・

夜食は皮膚の体内時計を乱し、
本来備わっている紫外線に対する
皮膚防御作用を低下させます。

PCやスマホからのブルーライトをブロックする・・

特に、夜間にブルーライトを浴びると、
メラトニンなどのホルモン分泌が減少します。

これが質の良い睡眠が得られず、
翌日に疲れが残る原因となります。

(そもそも、メラトニンは10歳頃から減少するホルモンです。)

まずは、この3項目からはじめてみてはどうでしょう。

2017年のノーベル生理学・医学賞は、
体内時計を生み出す遺伝子と
そのメカニズムを発見した研究者に授与されました。

ご興味がある方はリンクへどうぞ。

日経サイエンス(http://i.r.cbz.jp/cc/pl/bdde4969/h634/7gvtgtq3/

このシミは・黒子は、良性?悪性?

院長の野村です。

“レーザーで シミをとりにきました”と、来院する患者様に対して、深刻な話をしなければならないことがあります。

“皮膚がん” が疑われるような場合です。皮膚がんの一種、悪性腫瘍の場合は、5つのチェックポイント(ABCDE)があります。

 

このシミは・黒子は、良性?悪性?

• A ( Asymmetry )……形が非対称

• B ( Border )……境界不整形、ギザギザ

• C ( Color )……濃淡混じっている

• D ( Diameter )……長径6mm以上

• E ( Enlarging )……拡大傾向

 

 

 

 

 

 

(左側が良性、右側が悪性です。)

白人に比べ、日本人では少なく、10万人あたり1~2人の割合とされていますが、最近は増加傾向にあります。

5つのチェックポイントのうち2つ以上、あてはまるようなら、要注意です。

黒子(ほくろ)をきれいに治療するには

院長の野村です。

頬の黒子を、深くまで治療され、“凹んだ傷痕が残ってしまって、かえって目立つ”と、来院される患者様がいます。

黒子を深くまで治療した傷が目立つ理由(図)
黒子(ほくろ)をきれいに治療するには

“黒子”と呼ばれるものには、いろいろなタイプがあり、一概にどの治療が良いとは言えません。

・悪性だとしたら、しっかりと切除することが大切です。
・そうでなければ、治療の目的は、美容的な意味合いが強くなります。

全切除した場合、“治療による傷跡の方が気になるだろう”と判断した場合は、

・何回かに分けて、治療をおこなう。
・全てを切除するのではなく、小さくする、
目立たなくする程度にとどめる。
特に、時間とともに、濃くなったり、
膨らんだりする黒子は、
時々治療をすることによって、それを防ぐことができる。

などの方法をとることがあります。

“頬のような凸面に、凹んだ傷痕は目立ちます。”

黒子を、目立つ傷痕におきかえるような治療は避けたいものです。

アキュテインというお薬

院長の野村です。

アキュテインという薬があります。ニキビに最も効果的な内服薬です。
量を減らして、皮脂のコントロールや毛穴治療にも用いられます。

当院には、時々、アキュテインの処方を希望して来院する患者様がいます。
聞けば、海外在住中に、主治医から処方され、
非常に効果があったので・・・、とのこと。

残念ながら、ニキビ治療後進国の日本では、認可されていません。

ニキビ治療、特に重症例では、欠かせないお薬なので、
当院では、正規の手続きをとって、アキュテインを輸入し、
患者様に処方しています。

  • キャンペーン
  • 宅配サービス
  • 会員登録
  • 予約
  • ドクターズコラム
  • よくあるお問い合わせ

青山外苑前クリニック

〒107-0062
東京都港区南青山2-5-17 ポーラ青山ビル1-2F
東京メトロ 銀座線・半蔵門線「青山一丁目」駅 5番出口より徒歩1分
銀座線「外苑前駅」徒歩5分

03-5772-4575
  • facebook
  • ブログ